疫病退散! アマビエ

みなさん、こんにちは。アーバンケア八戸ノ里事務員の木村です。

今日も暑くなりそうですね。水分しっかりとってくださいね。  

 

ところで みなさん今ちまたで話題の「アマビエ」ってご存じですか?

「もちろん知ってますよ」という声が多いかもしれませんね。

私も何となくTVで聞いたことがあったのですが 「アマエビ」の何かだと思ってました。(>_<) 

江戸時代後期 肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光物が出た。

それがアマビエと名乗り、「当年より6か年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。と予言めいたことを告げ、海の中へとかえって行った。

アマビエは長い髪にくちばし、うろこを持ち3本足をした半人半魚の妖怪とのこと

イメージは

 

水木しげるのゲゲゲの鬼太郎にでてくるような妖怪の感じと思っていただければよいのではないでしょうか

新型コロナ鎮静化を願い SNSでブームとなっているようです。

アマビエが かわいくデザイン化されお菓子・グッズなども売られています。

そこで

アーバンケア八戸ノ里特養ご利用者様に疫病退散を祈願し、アマビエのイラストをちぎり絵で作成してもらうことにしました。

おどろおどろしい方のアマビエではなく かわいいカラフルなデザインを選択

見本がこちら 

 

いよいよ作品作り開始 (^^)/ どんなアマビエが出来上がるのでしょう (^^♪

 

色紙を丁寧に丁寧にちぎって貼ってくださいます。

みなさん自分の作品を手にされ 

作品にお名前お願いしますと言いますと

 

そこに書かれたのは なんとご主人様のお名前!!!

大好きで大好きなんですね💛

 

アーバンケア八戸ノ里は 笑顔がいっぱいです。

 

個性豊かな作品が出来上がりました。

1日も早く新型コロナが終息することを願い 七夕の笹に飾らせて頂こうと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です